SHOTA Official Blog

bass218.exblog.jp
ブログトップ

フェザーストローク×メタルバイブ

4日ぶりとなる琵琶湖出撃!
今週に入ってからは寒波の影響で連日極寒爆風…^^;
水温低下&濁りUPの影響は⁉︎














魚探がけを兼ねながらうまそうなシチュエーションをちょくちょくチェックしてみると〜














e0100021_18332920.jpg












メタルバイブにズシッと♪
重みが入った瞬間にビッグフィッシュと感じるレベル!





   







サーキットバイブにて59㎝のスーパービッグ反応!













e0100021_18341281.jpg













同条件エリアシチュエーションを探し絞り込んでからのアプローチで一撃反応♪













やたらと重いしまたもやスーパービッグ⁉︎













かと思いきや食い損ねフックUP☆
パーフェクトコンディションの53㎝!













e0100021_18341440.jpg













そして立て続けに!












今度はスーパービッグの58㎝がっぽりバイト!
やっぱりヤング〜レギュラーサイズは動けないレベルの冷え込みに達し、喰えばビッグフィッシュのいい感じなってきてますね!












e0100021_18341677.jpg


〜エックスグレイヴ 「フェザーストローク」66M〜


今年は例年と比べ冷え込みが強く早々にウィンターモードに突入したことから早い段階でメタルバイブゲームがローテーションに加わる状況。そのメタルバイブでセレクトしているエックスグレイヴ「フェザーストローク66M」の紹介です。
メタルバイブを使用する上で求めるロッド要素は大きく分けて「操作性」「ショートバイト対応性能」の二つ。

まず縦さばきでのリフト&フォールアプローチがメインとなり、琵琶湖のウィードフラット環境前提で言えば長過ぎず短過ぎずのレングスがベスト。短いとラインの角度が緩くなりルアーアクションの高さを演出しにくく、逆に長いと操作しにくいため6.6ftのレングスがロッド操作&ルアーアクション共に使いやすい長さになります。

そして厳寒期のショートバイト対応にはロッド素材&テーパーデザインが関わり、低弾性カーボン素材のスローテーパーデザインが最適。
素材による役割はというとルアーアクションのブルブルもしっかり伝わりつつ低弾性ゆえにルアーの水噛みを殺さず釣れるアクションを演出できること。
スローテーパーの役割はロッド全体で曲がることで魚に与える違和感を軽減しショートバイトにおいても暴れることを防いでくれます。つまりロッド全体で均等に魚のファイトパワーを受け止めることで、しなやかに曲がるからこそロッドとして強くまた魚に違和感を与えにくいというわけです。

この必要要素はメタルバイブだけではなくポッパーやミノー&ジャークベイトにも共通することでフェザーストロークがマッチ。
これらのハードベイトゲームもロッドワークを繰り返すためなかなか疲れる作業ですが、上記に述べた低弾性素材&スローテーパーであることでルアーの水噛みの良さや手元にくる抵抗も軽減でき、さらにTAF製法による軽量化でタックルのトータルウェイトが軽くなったこともメリットとして加わったことになります。

テクニカルアクションで使用するハードベイトのみならずライトウェイトのチャターやスピナベ、またベイトネコなどのスローダウンゲームにも対応できる要素も含んでいるため、ボートからオカッパリまでフィールド環境を問わず幅広く使用できる一本です!






e0100021_18520199.jpg


by miyahiro_bass | 2017-12-15 18:32 | Comments(0)

プロアングラーSHOTA (宮廣 祥大)


by miyahiro_bass