SHOTA Official Blog

bass218.exblog.jp
ブログトップ

<   2015年 03月 ( 23 )   > この月の画像一覧

遠賀川Day3☆

今日の北九州は昼から冷たい雨⤵︎

まだまだこの時期の雨は冷えますね〜(*_*)

ガッツリ修行モードですよ…^^;

当然昨日の水温に比べ1℃近くダウン。

そんなタフな状況ですが、魚探がけ作業も終わったので今日から釣り込み開始!

そして…

遠賀川ブラックとも無事初対面☆

明日も冷え込むようですが、雨が降らなきゃOK!^^;

さらに煮詰めていきます☆


そして引き続きRTOクランクシリーズの紹介☆

今回は特長やアプローチに適したエリア環境について!

RTO1.5や2.5などのシャローモデルは緩やかに潜行していき広範囲を一定レンジアプローチするタイプ。
広くウィードフラットを探るのに最適☆

そして何よりRTOシリーズの特長である高浮力によるウィードコンタクト後の浮上リアクションや回避能力がイチオシ!

e0100021_23102728.jpg


続いてDDシリーズ☆
シャローモデルと比べやや急潜行モデル。
その潜行角度をいかすべき環境は、浚渫などの急なブレイクラインやウィードアウトサイドの切り立ったエッジなどがベスト☆

そしてシャローモデル同様に高浮力によるウィードコンタクト後の浮力リアクションと回避能力がGOOD☆

e0100021_23102976.jpg


シャローシリーズ&DDシリーズ共に「強い浮力」が最大の特長☆

これこそがRTOクランクシリーズの他のルアーにない釣れる要素と考えられますね!
by miyahiro_bass | 2015-03-03 18:25 | Comments(0)

RTO紹介2☆

前回に引き続きRTOクランクシリーズの紹介☆

RTOのレンジについてよく質問されるので琵琶湖で出番の多い各モデルをピックアップ☆

〜フロロ14lb基準〜

RTO1.5 約1.5m前後

RTO2 約1.7m前後

RTO2.5 約2m前後

RTO1.5DD 約2.5m前後

RTO2.5DD 約3〜3.5m

RTO3.5DD 約3.5〜4m

同じフロロ14lb基準でも飛距離やリトリーブスピードでも変わってくるので大体の基準として参考にしてみて下さい!

e0100021_210507.jpg


次回は使い方や適したシチュエーションについて紹介☆
by miyahiro_bass | 2015-03-02 19:03 | Comments(0)

遠賀川Day2☆

今日の遠賀川は予報通り雨&風が強まっておまけに寒い!

修行モード間違いなし⁈なんですが出撃です☆

川といってもまぁまぁ荒れるようで…^^;

今日の北西風だと北に向かって流れる河川のため、海からの強風がダイレクトに吹き抜けるフィールドなんですね☆

e0100021_20455615.jpg


日々、プラクティスネタもなんなので…^^;

よく聞かれる質問から、ラッキークラフトUSAの「RTOクランクシリーズ」について紹介☆

RTOとは…

リスペクト タカヒロ オオモリの頭文字をとったのがネーミングの意味。

2004バスマスタークラシック日本人初の優勝を飾った大森貴洋プロです☆

先日開催された2015バスマスタークラシックでも3位入賞するなど世界のトップアングラー!

その大森さんモデルのRTOクランクシリーズはRTO1.5や2.5など数字があるのですが、これは潜るレンジではなく「ボディサイズ」の意味。

そして、RTO2.5DDなど数字のあとにDDとつくモデルは「ディープダイバー」を意味します。

e0100021_20455848.jpg


次回はRTOクランクシリーズの特長や各レンジ、出し時となるエリア環境、アプローチ方など紹介☆
by miyahiro_bass | 2015-03-01 19:34 | Comments(0)

プロアングラーSHOTA (宮廣 祥大)


by miyahiro_bass